サンエルの小ネタ 技術のネタ

NFTがもたらす、地域の未来

近い将来チケット転売屋が消える!?NFTの未来

今、世界では、これまでチケットの転売で利益を得ていた人たちが、消えるかもしれないと言われ始めています。

また、そう遠くない未来に、不動産の登記が消えるかもしれないことが、世の中で話題になっていたりしています。

皆さんは「NFT」という言葉をご存知でしょうか?

このNFTの技術により、データの所有記録が残るようになり

  • 誰が何のチケットを買ったか?
  • どの土地は誰が持っているか?

といった偽造することができないデジタルデータを誰もが簡単に見ることができる時代が、すでに始まっています。

NFTとは唯一無二の価値を持つデジタル資産

NFTとは、まずは何かを、軽くご紹介していきます。

NFTは、NonFungibleTokenの略です。

簡単にいうと『所有証明書や鑑定書が付いたデジタルデータ』を指し、交換できない唯一無二の証拠品、つまり”独自の価値を持つデジタルデータ”のことをいいます。

身近なもので置き換えると『シリアルナンバーの付いたチケットや絵、音楽などのデータ』がイメージしやすいかもしれません。

大きな特徴は、次の3つです

  1. 改ざんできない      
    → 悪意を持つ何者かが勝手にデータを書き換えることができない
  2. 誰が持っているかわかる  
    → 誰が所有していて、過去誰から買ったのかがわかる
  3. 金額もわかる       
    → 売買が成立した際にいくらで取引されたのかがわかる

例えば、不動産登記は、現在法務局で取りまとめて「誰が所有しているのか」というデータを記録保管しています。

上の①②③の特徴があれば、法務局の方々がやっているお仕事の大半を、インターネット上のシステムで動かすことができます。

今までは図面や誰が所有しているかの情報くらいでしたが、立体画像や修理履歴など、込み入った情報も一緒に保管すれば、情報を必要とする方の立場を加味すると、効率よく情報収集が出来るメリットもあります。

転売とNFTチケットの違い

これまで、転売業界は、購入した時の金額と売却による差額で利益を得ていました。

転売の全てが悪いということではないのですが、本当に欲しい人にチケットが渡らないのは問題です。

NFTには、転売時に、元のオーナーに利益が入るような仕組みが簡単に取れます。

例えば、転売すると50%発行元にお金が入る仕組みをとることができます。

そうすることで、転売利益が出にくいチケットが作れます。

転売利益が出にくければ、転売の意味がないこと、また「改ざんされない」という特徴から、不正な複製もできません。

「転売したこと」の履歴が残ることから、誰が転売のためだけにチケットを買い集めているかも分かるようになります。

『ゾンビ飼育員』小学生アーティスト 〜zonbie zoo keeper〜

ここで、NFTの分かりやすい実例をご紹介します。

2021年に夏休みの自由研究で作った小学3年生のドット絵が、160万円相当で取引されたことが、この夏、国内で話題になりました。

今もコンスタントに作品を出し続けており、2021年11月17日時点で 203作品を販売されています。

イラストレーターの方やインフルエンサーの方を経由して、小学3年生が描いたこのドット絵が、海外を中心に人気に火がつき、コンテンツ内の総取引高が日本円にして、なんと驚きの約4000万円です!!

※要注意 :2次流通3次流通などの転売価格が含まれます。
※要注意その2: 2次流通の際には2~10%しか本人にお金がはいりません。

小学3年生のドット絵

このエピソードに、私は3つの未来を感じています。

  1. 子供でも誰でも、苦労して生みだしたものが世界に評価される事
    • 素人でも、子供でも、誰でも作品を出すことが出来る世界規模のマーケットが出来ました
    • 反対に誰でも購入する側に回ることができ、今まで陽の光が当たらなかった誰かを見つけることが出来るようになりました
  2. どこに住んでいても作品を世の中に出すことができる
    • それぞれの土地それぞれの場所、それぞれの時で、クリエイターの出す作品は異なると思っています
    • 自宅から離れられない人でも作品を出すことができますし、旅行先で作品を出すこともできます
  3. 間がなくて直接顧客とコミュニケーションが取れる事
    • これまでは、イラストを売る場合にギャラリーなどに持ち込みをし、関係者の評価をまずは得る必要がありましたが、業界特有の販路を通らずして評価を貰えます。
    • 100人の評価が得られなくても、たった1人が価値を感じてくれれば、お金をはじめとしたムーブメントが発生します。

NFTは、地方にどう活かせるのか?

NFT地域_赤福

私たちの地元である三重県では、誰もが知っているお土産に赤福があります。

そして赤福には、お正月を除く毎月1日にしか手に入らない朔日餅(ついたちもち)という特別なお餅があるんです。

オンライン販売は行っておらず店頭予約のみのため、朝の4時半ごろから、極寒の中、店舗前には長蛇の列ができます。

しかも、毎月味が違う上に買える場所と出荷数が限定のため、地元民でも、なかなか入手困難なお餅です。写真は、12月の朔日餅(ついたちもち)です。

NFT地域_朔日餅

ここまで読んでいただいただけでも、十分に朔日餅(ついたちもち)に希少価値を感じていただけるとは思います。

ではここで、更に「NFT」を運用するとどうなるのか。

例えば「赤福支援チケットNFT(1年分)全部で10セット」を作ったとします。

このチケット買ってもらった方のみ、月初に「朔日餅が郵送される」「毎日、書かれてある内容が違うダイレクトメール1ヶ月分」が届くという特典がついてきたとします。

ここまでの流れで、いったいどの部分にNFTチケットの価値が生まれるのか?

NFTでは

  • 作ったのはいつか?
  • 今は誰が持っているのか?
  • 改ざんされていないか?

をはっきりさせることができ、結果的に、世界でたったの1点もの(もしくは、数点もの)という価値が生まれることになります。

「フルーツ定期便」というサービスを、これまで耳にされたことはありますか?

「フルーツ定期便」とは、産地直送でもぎたての新鮮なフルーツが定期的にご自宅へ届くサービスで、すでに世の中に流通しているサービスの一つです。

もし、この「フルーツ定期便」をNFTで運用した場合「転売できる、限定10個!地域産○○○○割引券」ということも可能です!

例えば、今まで銀座の大手割烹料理店にしか卸しておらず、数が取れないがとても美味しいフルーツがあったとします。販路が少ないことに加え、卸先の評判を下げない様にするために、数を売ることができませんでした。

これを、例えば、このフルーツの購入権利をNFTとして販売することができます。

つまり、世の中への提供量や作品価値をコントロールすることで「希少性」を生み出すことができます。

ブランドビジネスにおいて重要だと言われている「希少性

地域産品を磨き上げ「希少価値」を高めることが出来れば、地方創生に繋げていくことも可能になってきます。

まとめ

ここまで記事を読んでいただき、NFTに少し興味を持っていただけましたか?

もしよろしければ、もう一歩だけ進んでみてくれませんか?

私は、未来にずっと閉塞感を感じていました。

ニュースは悪いことしか放送せず、世の中はずっと悪くなっていくような感覚です。

今、世界のあちこちで、暗号資産・Web3.0・メタバース、そしてNFTが作る未来が、世の中をより良くしていくことがはっきりとわかってきています

わたし自身、NFTを実際に購入する経験を通して、今まで陽の光が当たらなかった誰かを見つけることが出来るようになり、一歩踏み出すことで、最新のテクノロジーが今を変えていくことが出来ると実感しています。

今回紹介した三重県おすすめのお店

店名 赤福本店
住所
三重県伊勢市宇治中之切町26番地
赤福本店
電話番号 0596-22-7000(総合案内)
0596-22-2200(朔日餅ご予約専用電話)
※電話受付時間:午前8時~午後5時
営業時間 午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)
ホームページ https://www.akafuku.co.jp/
SNSアカウント Instagram
MieL編集部
「MieL(ミエル)」は地域や企業、人との「つながり」を形として見えるようにしたいという思いから立ち上げました。
運営は三重県松阪市にある「株式会社サンエル(SunL)」が行っています。
MieLでは地元三重の情報をはじめ、サンエルの実績や社員、デジタルテクノロジーについてなど、ビジネスや生活に役立つさまざまなコンテンツを発信していきます。

弊社について詳しく知りたい方はこちら

-サンエルの小ネタ, 技術のネタ
-, , ,

© 2022 MieL