ツール

多様化する女性の働き方

事例・実績 働き方・しごと

2022/2/8

採用が難しい地方IT企業で専門人材を獲得できた理由とは|広報編

苦戦していた広報人材の採用活動 1年に3回訪れる、中途採用市場が活発になる時期の1つである夏。 三重県内の有効求人倍率は1.21倍だったこの時期、弊社では「広報職」の求人広告を出しました。 求職者が1人に対して、求人が1.21件ですので、転職希望者にとっては基本的に転職しやすい時期であったともいえます。 こういった背景もあり、求人広告を出し始めてから、有難いことに日本全国津々浦々から応募がありました。 応募者の多くは「コロナ渦をきっかけに、地元の三重県に帰郷したい」という思いもあり エントリーは順調に来て ...

NFT地域

サンエルの小ネタ 技術のネタ

2021/12/1

NFTがもたらす、地域の未来

近い将来チケット転売屋が消える!?NFTの未来 今、世界では、これまでチケットの転売で利益を得ていた人たちが、消えるかもしれないと言われ始めています。 また、そう遠くない未来に、不動産の登記が消えるかもしれないことが、世の中で話題になっていたりしています。 皆さんは「NFT」という言葉をご存知でしょうか? このNFTの技術により、データの所有記録が残るようになり 誰が何のチケットを買ったか? どの土地は誰が持っているか? といった偽造することができないデジタルデータを誰もが簡単に見ることができる時代が、す ...

和太鼓ひとみTikTok150万回再生アイキャッチ

サンエルの小ネタ ローカルのはなし

2022/2/26

【連載】和太鼓ひとみのTikTok 150万回再生までの道(第1回)

ここ三重県松阪市を拠点に、和太鼓歴18年目、指導歴8年目の女性和太鼓奏者がいます。 母の代から続く和太鼓奏者の松本 仁美は、弊社の広報担当者でもあります。 じつは、彼女はもう一つの顔を持っています。それは、フォロワー20,000人越え、そして「TikTok動画再生数150万回超え」を達成した20代TikTokerとしての顔です。(※2021年11月8日時点) 今回は、和太鼓の魅力を世界へ向けて発信する「和太鼓ひとみ」を紹介します。 松本 サンエル広報担当のわたしですが、和太鼓奏者として活動について、連載で ...

© 2022 MieL