サンエルの小ネタ

三重県内のおすすめイルミネーション&ライトアップイベント10選

三重県イルミネーション特集_アイキャッチ

頬にあたる風の冷たさも増し、いよいよ冬本番となってきました。

そこで、空気のきれいなこの季節におすすめの三重県内で楽しめるイルミネーションスポットと、プロジェクションマッピングや竹あかりなど個性的なライトアップイベントをご紹介します。

国内随一の規模を誇るイルミネーションから無料で気軽に楽しめる穴場まで、バラエティ豊かなイベントが県内各地で開催されています。

西川
どこへ行こうか迷っている人は、ぜひ当記事を参考にしてみてください!

この冬の忘れられない思い出を作りに、今度のお休みにはぜひイルミネーション&ライトアップイベントへどうぞ!

まちがい探し ~三重県イルミネーション特集編~

マスコットキャラのレミが登場する「まちがい探し」

今回は、全部で5つ出しますよ!

レミ
さっそく、挑戦してみてにゃ!

レミとイルミネーション

北勢地方でおすすめのイルミネーション2選

花と光が園内を彩る!日本最大級のイルミネーション「なばなの里」(桑名市)

mieken-llumination12

ご提供:なばなの里

 
三重県だけでなく、日本全国から注目を集める「なばなの里」のイルミネーション。

毎年、テーマに合わせた大規模なイルミネーションを行っており、今年のテーマは「天空の船」です。

テーマエリアの大パノラマの中には帆船が浮かび、生命や炎、宇宙や幸福など6つの海を舞台に、光り輝く船が浮かび上がります。

高さ約35m、横幅約155mという圧倒的なスケール、世界最高峰のプログラミング技術と最新のLED技術で、見る人を物語の世界へといざなってくれます。

この他にも、中央の池の上には木曽三川の流れをダイナミックに表現した水上イルミネーション「光の大河」

花びら型のソケットが温かくトンネル内を照らし、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた「光のトンネル」

mieken-llumination13

ご提供:なばなの里

スペインのバレンシアからやって来た、樹齢1000年オリーブ大樹を無数の光が彩る「ミレニアムガーデン光の森」

紅葉やしだれ梅、河津桜など季節の花々をライトアップする、幻想的な「花と光の競演」など、園内各所に見どころがあります。

45mもの高さから360度のパノラマを楽しめる展望台「アイランド富士」に乗り、上からイルミネーションを眺めるのもおすすめですよ。

日中とはひと味違う、ライトアップされた夜の「なばなの里」へ、ぜひ一度訪れてみてください。

この冬一番の思い出が作れるかもしれません。※ライトアップの点灯時間など詳しい情報はホームページで確認してみてくださいね。

住所 桑名市長島町駒江漆畑270
電話番号 0594-41-0787
期間 開催中~2023年5月31日まで
営業時間 10:00~21:00(時期や曜日により変更あり)
定休日 期間中無休
入場料 小学生以上2,500円(1,000円分の金券付き)、小学生未満無料
※12月23日~25日は日付指定の専用チケット(5,000円、事前購入)が必要

登録有形文化財が光で美しく装飾される「すわ公園から光の贈りもの2022」(四日市市)

mieken-llumination8

ご提供:すわ公園交流館

四日市市の諏訪公園を光が彩る「すわ公園から光の贈りもの2022」が今年も開催されます。

公園のシンボルである「すわ公園交流館」は昭和4年に完成した歴史ある建物で、国指定の有形登録文化財となっています。

mieken-llumination9

ご提供:すわ公園交流館

建物や公園内の樹木を、約5万球もの電球が彩る様子は、四日市市の冬の風物詩となっています。

お昼間に見るどっしりとした雰囲気とは異なる、幻想的な風景を見にぜひ訪れてみてください。

近所では、近鉄四日市駅から国道1号線までのクスノキ並木をイルミネーションが飾り、ハートのオブジェが目を引く「YOKKAICHI WINTER ILLUMINATION」も同時に開催中です。

四日市市の中心街でロマンチックな夜を過ごしてみてください。

住所 四日市市諏訪栄町22-25
電話番号 059-350-8411
期間 開催中~2023年2月14日まで
営業時間 17:00~24:00
定休日 イルミネーション(期間中無休) すわ公園交流館【年末年始12月29日(木)~1月3日(火)は休館日】
入場料 無料

伊賀地方でおすすめのイルミネーション2選

高原リゾートの自然美が光の中で浮かび上がる「メナード青山リゾート」(伊賀市)

mieken-llumination2

ご提供:メナード青山リゾート

標高600mにある高原リゾート「メナード青山リゾート」では、年間を通じてライトアップ&イルミネーションを行っています。

mieken-llumination

ご提供:メナード青山リゾート

豊かな自然景観を活かして樹木を光で飾り付けたりと、高原の澄んだ空気の中、リゾート地全体があたたかな光で彩られます。

園内に備えられたフォトスポットは、季節ごとにきらめきが変わるので、今はどんな色になっているのか訪れてからのお楽しみです!

住所 伊賀市霧生2356
電話番号 0595-54-1326
期間 通年開催
営業時間 日没~21:00頃
定休日 期間中無休
入場料 無料

高さ11mのモミの木をライトアップ!「伊賀の里モクモク手づくりファーム」(伊賀市)

mieken-llumination4

ご提供:伊賀の里モクモク手づくりファーム

美味しいものがたくさん揃う、伊賀市の農業公園「モクモク手づくりファーム」。

無料エリアにある大きなモミの木を、今年もライトアップしていますよ!!

樹齢50年、高さ11mの本物のモミの木が、冬の間は光をまとったツリーに変身します。

2023年1月2日(月)~1月4日(水)は「もくもくのお正月」が開催され、2023年2月4日(土)・2月5日(日)には節分イベント「お豆の日」など、イベントが目白押しです!

この季節ならではの催し物も多数開催されるので、ライトアップと一緒に楽しんでくださいね。

季節の農作物など、モクモク手づくりファームならではの名物もお忘れなく!

住所 伊賀市西湯舟3609
電話番号 0595-43-0909
期間 開催中~2023年2月26日まで
営業時間 10:00~17:00(施設により異なる)
※ライトアップは17:00~21:00
定休日 不定休
入場料 3歳以上500円
※クリスマスツリーの観覧は無料

中勢地方でおすすめのイルミネーション2選

地域住民が10万球のLEDで会場を飾る「Geino Xmas 2022 (芸濃クリスマス2022)」(津市)

mieken-llumination12

ご提供:津市芸濃総合文化センター

津市芸濃町にある「津市芸濃総合文化センター」が、地域住民の手によってフルカラーLEDで美しく飾り付けられます。

12月24日(土)には、ファンタジー花火の打ち上げがあります(19:00~約15分間)

12月25日(日)までは、芸濃総合文化センター駐車場の街路樹とセンターのエントランスにてイルミネーションが点灯し、LEDスクリーン投影も実施されます。

花火とイルミネーションが同時に楽しめるクリスマスイブは、特に思い出深いイベントとなりそうです。

住所 津市芸濃町椋本6824
電話番号 059-265-2304(津市商工会 芸濃支所)
期間 開催中~12月25日まで
営業時間 17:30~21:00
※12月24日の花火は19:00~約15分間
定休日 期間中無休
入場料 無料

温かい屋内でイルミネーション「三重県立みえこどもの城」(松阪市)

mieken-llumination15

ご提供:三重県立みえこどもの城

松阪市にある大型児童館「三重県立みえこどもの城」では、屋内にイルミネーションを設置し、小さい子供も安全に楽しめるようになっています。

今年の屋内イルミネーションのテーマは「どうぶつたちと光の森」。

イルミネーションで彩られた森の中で、来年の干支であるウサギなどの動物が出迎えてくれます。

mieken-llumination14

ご提供:三重県立みえこどもの城

中央にある光のクリスマスツリーは、地元の保育園や幼稚園の児童が描いた絵で飾り付けられています。

屋内だからこそ日中でも見られるイルミネーションを、温かく楽しんでくださいね!

住所 松阪市立野町1291 中部台運動公園内
電話番号 0598-23-7735
期間 開催中~2023年1月29日まで
営業時間 9:30~16:30
定休日 月曜日、年末年始は休館日。月曜日が祝日の場合は、翌日(平日)が休館日。詳しくは公式HPをご覧ください。
入場料 入館無料

伊勢志摩地方でおすすめのイルミネーション2選

デンキウナギの放電に合わせて輝くツリー!「鳥羽水族館」(鳥羽市)

mieken-llumination3

ご提供:鳥羽水族館

鳥羽市の鳥羽水族館では「デンキウナギのビリー!クリスマス」を開催中!

デンキウナギの放電に合わせて光り輝くツリーが設置されます。

光るタイミングは、デンキウナギの気分次第なのが楽しいクリスマスツリーです。

また、クリスマスイブの12月24日はジュゴン水槽、12月25日にはマナティー水槽に、サンタの衣装をまとったダイバーが登場し、大好物のエサをプレセントするパフォーマンスも行われます。

鳥羽水族館ならではのイベントをお楽しみください。

住所 鳥羽市鳥羽3-3-6
電話番号 0599-25-2555
期間 開催中~12月25日まで
営業時間 9:00~17:00
定休日 期間中無休
入場料 大人2,800円、小・中学生1,600円、幼児(3歳以上)800円

イルミネーション&クリスマスツリーで特別な時間を「志摩スペイン村」(志摩市)

mieken-llumination10

ご提供:志摩スペイン村

志摩市にある複合リゾート「志摩スペイン村」では、巨大なクリスマスツリーが登場し、異国情緒あふれる街並みやアトラクションがイルミネーションでロマンチック飾られる「スパークリング・クリスマス」が、今年も華やかに開催されています。

mieken-llumination7

ご提供:志摩スペイン村

シベレス広場では、世界のフェスティバルを巡る光と音楽の旅のプロジェクションマッピング「太陽・月 ラプソディア」も同時開催。

情熱的な映像と音楽で盛り上げてくれます。

「雪だるまパンケーキ」や「トナカイバーガー」など期間限定のクリスマスグルメも登場し、パーク全体でクリスマスを盛大にお祝い。

クリスマスグッズもあるので、欲しい人は見逃さないでくださいね!

住所 志摩市磯部町坂崎
電話番号 0599-57-3333
(パルケエスパーニャテレフォンインフォメーション)
期間 開催中~12月25日まで
※プロジェクションマッピングは2023年1月9日まで
営業時間 10:00~17:00(週末は繁忙期は変更あり)
定休日 期間中無休
入場料 パスポート:大人5,400円、中・高校生4,400円、3歳~小学生・シニア(65歳以上)3,600円
アフタヌーンパスポート:大人2,400円、中・高校生・3歳~小学生・シニア(65歳以上)1,800円

個性的なライトアップイベント2選

mieken-llumination11

2000本の竹あかりが幻想的に赤目渓谷を照らし出す「赤目四十八滝」(名張市)

かつて忍者が修行を行ったといわれる名張市の「赤目四十八滝」では、「赤目渓谷 幽玄の竹あかり」が今年も開催されています。

苔むした渓谷と流れる滝を背景に、大小2000本もの竹あかりが温かな光を放ちながら幻想的な雰囲気を作り出す、個性的なライトアップイベントです。

ライトアップ期間中は、赤目自然歴史博物館も20:00まで営業中。

普段見たことのない赤目四十八滝の姿に出会えるチャンスです。

住所 名張市赤目町長坂671-1
電話番号 0595-41-1180
期間 開催中~2023年1月31日までの金・土・日・祝日
営業時間 ライトアップ17:00~19:30
定休日 12月28日~2023年1月2日
入場料 大人600円、小・中学生300円(渓谷入山料を含む)

ド迫力!安土城炎上をプロジェクションマッピングで再現「伊勢忍者キングダム」(伊勢市)

mieken-llumination5

ご提供:伊勢忍者キングダム

時代劇の中に紛れ込んでしまったような街並みやアトラクションが楽しめる伊勢市の「伊勢忍者キングダム」では、ド迫力の夜間ライトアップ「ナイトキングダム」を開催中。

「幻の築城ショー」では、日本初!世界最高輝度の3Dプロジェクションマッピングで、施設のシンボル・安土城の建ち上がりから焼失までをド派手に演出します。

mieken-llumination6

ご提供:伊勢忍者キングダム

また、季節に合わせた演出で庭園全体を照らし、日本の美しい四季を表現した「四季の庭園」

盆栽が集まる空間をプロジェクションマッピングやライティングで美しく照らす「盆栽の場-影と光-」

星空に龍が現れ山頂の城へといざなう「江戸星空回廊」など、見たことのない光のショーが登場。

夜しか見られない幻想的な姿を楽しんでください。

住所 伊勢市二見町三津1201-1
電話番号 0596-43-2300
期間 通年開催
営業時間 9:00~17:00/ライトアップ18:00~21:30(最終入場20:30)
定休日 無休
入場料 大人(中学生以上)2,000円、小人(小学生)1,000円、未就学児無料

冬の夜を鮮やかに彩るイルミネーション&ライトアップイベントをお見逃しなく!

いかがでしたか。

日中でも楽しめたり、季節ごとに演出が変わったりと、個性的なイベントが多い三重県のイルミネーション&ライトアップ。

空気の澄んだ冬の夜だからこそ映えるイベントが多いので、防寒対策をしっかりして、寒さに負けずにお楽しみくださいね!

まちがい探し「三重県イルミネーション編」の答え

レミとイルミネーション_正解

レミ-上半身横向き
「MieL(ミエル)」は三重県の地域や企業、人との「つながり」を形として見えるようにしたいという思いから立ち上げました。県内のグルメ・お店情報をはじめ、サンエルの活動、デジタルテクノロジーについてなど、ビジネスや生活に役立つさまざまなコンテンツを発信しています。
※運営は三重県松阪市にある 株式会社サンエル が行っています

-サンエルの小ネタ

© 2023 MieL