サンエルの小ネタ 働き方・しごと

「かかわる人を幸せにしたい」サンエル設立エピソードと地元三重への思い

MieL編集部
こんにちは!MieL(ミエル)編集部です。

MieLは三重県松阪市にあるシステム開発会社、株式会社サンエルが運営するメディアサイトです。

今回、サンエルがどのような会社なのか知ってもらいたいと思い、社長の辻橋と副社長の南に、サンエル設立にまつわるエピソードなどをインタビューしました

最初にサンエルの概要や企業理念からお話してもらいます。

サンエルってどんな会社?

サンエルの外観

辻橋
サンエルは三重県松阪市にあるシステム開発会社です。

2010年の創立から「関わる人全てを幸せにする」を企業理念に活動を続け、2021年で12年目になります。

主な業務内容は、企業の業務管理システムやアプリの開発、Webサイトの制作などです。

また、地元三重に貢献する事業にも力を入れています。

例えば、地元のIT人材を育成する「三重県IoT推進ラボ」への参加や、子供向けプログラミング教室「サンエルキッズラボ」の運営などです。

弊社についてさらに詳しくは、会社概要の見出しで解説していますよ。

サンエルの企業理念について

企業理念

辻橋
サンエルの企業理念は「関わる全ての人を幸せにする」です。

これは2008年末に作った会社設立時の資料にも書かれており、私たちは11年間同じ理念を持って活動を続けてきました

サンエルはこれからも「人を幸せにする」という思いを根幹に据え、3つのL(Love、Life、Link) を実現するサービス作りを目指していきます。

企業理念

なぜ会社を立ち上げようと思ったのか

対談

それではここから、会社設立への思いやサンエルの歩んできた歴史を、社長の辻橋と副社長の南に対談形式で話してもらいます。

最初に2人のプロフィールを簡単に紹介しますね。

社長 辻橋

三重県出身。三重高校卒。大学在学中に父が倒れたため、大学を中退し郵便局、投資用不動産営業などに就いて実家の家計を助ける。
2008年、株式会社リクルート入社。HRカンパニーのアントレ部門で、中小企業のコンサルティングを行いながら、数々の企業の独立支援を行う。その経験を基に2010年4月より株式会社サンエルを地元三重にて立ち上げ。

副社長 南

三重県出身。東京外国語大学卒。日立製作所にてSEとしてキャリアをスタートさせ、3年後に携帯電話向けサービスを作るベンチャーに参画する。
大手キャリアのポータルやモバゲータウンなどのサービス立ち上げの経験を基に、2010年株式会社サンエルを共同設立する。漫画を読むのが大好き。
私の場合、今の企業理念にある「関わる人を幸せにしたい」というのが根底にありましたね。

南:会社の拡大をミッションにした、いわゆる資本主義的、都会的な会社作りじゃないことがしたいと思っていました。

そしてそれをやるにあたって、社長は誰がいいか考えたとき「辻橋がいいな」と思い、彼にオファーを出しました。

私は会社というのは1つの劇場みたいなものだと考えていて、一番器量があって、周りを引き立てられる人が主役をやるべきだと考えたんですよ

そして自分の人脈を考えたとき、辻橋が一番いいなって思ったんです。

辻橋
南から誘われたというのもありつつ、私がなぜ会社を立ち上げようと思ったかというと、チームでワイワイできる場が欲しかったんですよね。

辻橋:私はチームでワイワイするのが好きなんですが、学生が終わるとなかなかそういう機会が持てなくなりますよね。

ワイワイしたいならそのためのちゃんとした組織が必要なんですよ。

それと、今の日本社会に合ってないから、社会で活躍できない人が輝ける場を作りたいって思いもありました

「思いはあってもビジョンは明確化していない」ってところに南からの誘いがあったんです

自分たちが会社を設立するにあたって、そうなりたいと思った組織図があるんです。

南:さっき辻橋も言っていたけど、今の社会に合っていないだけで本当は活躍できるはずの人たちが、一人ひとり活躍できるようにしたいなって。

ただ自分は実務的な人間だから、リーダーをやった場合細かく指示を出してしまうと思ったんです。

でも、それだと組織が育っていかないんですよね。

だから辻橋みたいにドーンとできる人というか、みんなで担げるタイプの人をリーダーに据えた方がサンエルって会社のやりたいことができると考えたんです。

そういう意味ではシナリオライターは自分で、主役が辻橋みたいなスタイルですね。

最初はソーシャルゲームの開発をやっていた

辻橋
南をはじめ、他のサンエル立ち上げメンバーは元々ソーシャルゲーム(以下「ソシャゲ」)を開発していて、ノウハウがあったので最初はソシャゲを作っていました。

辻橋:ソシャゲの他にはホームページのデザインテンプレートを作って売ったりとか、色々と試行錯誤してましたね。

ちなみに開発したソシャゲの中で一番売れたのは、「モバゲータウン」で配信していた「チームで激突!ワイワイバトラー」(以下「ワイワイバトラー」)です。

ワイワイバトラー

それまでリリースしていたソシャゲがあまりいい売上が出なくって、「これはまずい。次に開発するタイトルが当たらなかったらたぶん会社は倒産だ」と思って社員で合宿したんですよね。

南:そうして生まれた「ワイワイバトラー」が爆発的に売れて、会社が持ち直したのが、強烈に印象に残る初期の思い出です。

辻橋
「ワイワイバトラー」が爆発的に売れた部分にもエピソードがあって、当時は資金調達にすごい苦労したんですよね。

辻橋:サンエルを設立したのは10年前だから私たちもまだ若くて、今でこそ珍しくないけど当時は20代、30代で起業する人って少なかったんですよ。

だから銀行からなかなかお金が借りられなくて…そんな中とある銀行の支店長さんが高校の時の先生の息子さんで、その縁で応援してくれたんです。

最初に「ワイワイバトラー」がヒットしたとき、銀行から借りたなけなしの300万円を全部広告費に充てて、そうしたら爆発的に売り上げが伸びたんだよね。
辻橋
あの広告費がなかったらまったく違う結果になってたね。

ゲームからの撤退、地域に貢献する事業をはじめる

対談

辻橋
ソシャゲ自体は、サンエルの初期の売り上げを支えてくれました。

辻橋:でも「ソーシャルゲームは果たして人を幸せにしているんだろうか」という話を南とはよくしていたんですよね。

ソシャゲ自体も「ユーザーが協力してプレイするゲーム」からいわゆる「ガチャゲー」に変わっていったり、開発費もどんどんと膨らんでいって…

疑問を持っていたころに状況が変わっていったので、そこから脱却したいと思うようになったんです。

せっかく地方に本社を構えてるのに、ソシャゲだと結局東京や名古屋などの都市部の企業としか取引してなかったんですよ

南:だから「サンエルがこの事業をやる意味ってなんだろう」って考えていたんですよね。

それで今から5年くらい前から、2つの軸を意識して事業転換を始めたんです。

いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)の走りというか、ゲーム以外でリアルの世界にデジタルを持ち込むような事業を、東京の企業と一緒にやるというのがひとつめの軸です。

もうひとつが地域密着で、「私たちは地域でビジネスをやっていく会社なんです!」って地元の人との繋がりを広げていく軸です。

前者を私、後者を辻橋が担当して、この2軸のプロジェクトをはじめようとしたんです。

ちなみにMieLのようなメディアサイトの運営は前者の軸ですね。

辻橋
私は「地域をIT技術でつなげて幸せにする」というのを目指してやってきましたね。

辻橋:例えばITコンサルティングや先ほども紹介したキッズラボなどです。

IT人材の育成を通して、三重県にIT技術を広めていってます。

ここ2、3年で「IT技術のあるサンエルさんに相談したい」っていう相談が来るようになったのは嬉しい成果ですね。

これからも、南が言ったように「我々がやる意味」というのを考えながらやっていきたいです。

サンエルの今後について

最後にサンエルがこれからどんな企業を目指し、どのように活動していきたいのか教えてください。

辻橋
ITの地産地消を目指して、社会に根差した企業として地域を豊かにしていきたいです。

辻橋:「地域を」とは言ってるけど、地域だけにこだわらずどんどん範囲を広げて、ITで世の中を豊かにしていきたいですね。

そしてサンエルで働いてる人や、関わる人みんなが幸せになる企業を目指してます

今後やりたいのは、会社立ち上げ時の「かかわる人を幸せにする」という理念を、WebやITの力を使って実現していくことですね。

南:具体的には、DXが地方も含めて日本で広がりはじめているので、地域や地方に必要なDXを推進する会社でありたいというのがひとつです。

もうひとつは、地方からでもWebやITを通じて、日本や世界の人に喜んでもらえるサービスを発信していくことです。

地方でサンエルを立ち上げたのって、「地域の人たちの生活に寄り添ったサービスを作りたい」という考えの軸があったからです。

なので、その軸と「かかわる人を幸せにする」っていう軸の2つを実現していきたいですね。

会社概要

会社名 株式会社サンエル
所在地
〒515-0085 三重県松阪市湊町196-2F
電話番号 0598-22-4800
設立年 2009年6月26日
主要取引先 三重県庁
株式会社アイモバイル
株式会社アドウェイズ
株式会社NTTドコモ
Google Inc.
株式会社PFU
株式会社ファンコミュニケーションズ
株式会社フェズ
株式会社松阪電子計算センター
シスコシステムズ合同会社
ネットワンシステムズ株式会社
(五十音順)
沿革
2009年 株式会社サンエル設立
2010年 本社移転(三重県松阪市川井町) 三重県で活動開始
ソーシャルゲーム「幻獣アルケミスト」リリース
ソーシャルゲーム「チームで激突!ワイワイバトラー」リリース
2011年 本社移転(三重県松阪市京町)
ソーシャルゲーム「聖剣アルケミスト」リリース
2012年 ソーシャルゲーム「ドラゴンカードGP」リリース
2013年 ソーシャルゲーム「大華戦国バトル 竜法伝」リリース
産業活性化推進協議会の設立・参画
2014年 ソーシャルゲーム「エルダイスの地図」リリース
スマホアプリ「fancy call」リリース
第53回氏郷まつりにおけるFree Wi-Fiと市民向けアプリケーション活用実証実験を実施
2015年 本社移転(三重県松阪市湊町)
2016年 地域の人同士をつなぐ!代行サービスの代行者マッチングアプリ「シェアマッチ」を開発
三重県IoT推進ラボの立ち上げ・参画
2018年 プログラミング教室事業開始
MieL編集部
「MieL(ミエル)」は地域や企業、人との「つながり」を形として見えるようにしたいという思いから立ち上げました。
運営は三重県松阪市にある「株式会社サンエル(SunL)」が行っています。
MieLでは地元三重の情報をはじめ、サンエルの実績や社員、デジタルテクノロジーについてなど、ビジネスや生活に役立つさまざまなコンテンツを発信していきます。

弊社について詳しく知りたい方はこちら

関連記事
松阪市でプログラミングを学ぼう!サンエルキッズラボのご紹介

続きを見る

関連記事
今だからこそ知っておきたい「DX」について解説
「DX」とは?将来を見越した業務システムについて聞いてみた

続きを見る

-サンエルの小ネタ, 働き方・しごと
-, , , , ,

© 2021 MieL